ストロベリー・フィールド模型の作り方 (08)

1/24 スケールモデル制作記

ストロベリーフィールド模型制作08
試作のペーパーモデル(両端)と本番モデル(白)、本番では彫刻などのディテールを再現しています。

前回(07)で金属門のハンダ付け工程が終了したので、今回は左右の門柱の制作に入ります!

一度、ペーパーモデルを作って全体の形状は把握しているので、本番では彫刻のディテールなど、細部を1/24で再現していきます。

ストロベリーフィールド模型制作08

門柱の頭部にある彫刻を再現するために、0.5mm位の厚紙にパターンを転写して凹部分カットします。※パターンはアドビのイラストレイターで描いています。

ストロベリーフィールド模型制作08

同形状にカットしたプラ版を裏側に貼付けて、量産の原型を作ります。

ストロベリーフィールド模型制作08

簡易型になるシリコンを流し込みための木枠を作ります。
シリコン型と量産用のレジン樹脂については、この制作記(6)で紹介しているので、是非ご覧ください!

ストロベリーフィールド模型制作08
写真では別パーツも一緒に作っています。

木枠にブルーミックスを流し込み、暫し待ちます。気が抜けるほど簡単です!

ブルーミックス ソフト 100g│型取り・成型材料 シリコンゴム
精密な型がとれる、ペースト状の型取り用シリコーンゴム。細部の再現精度を必要とする場合に適します。液状の基材と触媒を混ぜたものに複製品の原型を埋めて型を取る、ぺースト状のシリコーンゴムです。細部の再現精度を必要とする場合に適します。基材(A材・白色)と触媒(B材・青色)の2種類の粘土状の素材を練り合わせて使用します。【特...
ストロベリーフィールド模型制作08

ブルーミックス型は20〜30分で固まるので、作業効率のために2〜3個作っておきます。

ストロベリーフィールド模型制作08

簡易型に制作記(6)で紹介したホビーキャスト樹脂を流し込み、門柱頭部に必要な8枚分を量産します。

ホビーキャストNX 白
超低粘度のため型へ注入しやすく、気泡の少ない作品が出来ます。 速硬化型であるため短時間での脱型が可能で、硬化後の切削加工も容易にできます。 透明タイプはクリスタルガラスのような美しい透明性のある硬化物が得られます。
ストロベリーフィールド模型制作08

コピーした樹脂4枚を張り合わせ、門柱頭部のベースを作ります。

ストロベリーフィールド模型制作08

門柱の本体もプラ版を使って同時に作っていきます。

ストロベリーフィールド模型制作08

頭部にプラ版を足して段差を作ります。ベース部分もスジ堀を入れて、ディテールを整えます。

ストロベリーフィールド模型制作08
門柱本体に関しては、このページトップの写真が完成版です。

プラ版の本体と頭部を接続しますが、赤門の金具を取り付ける事と、メンテナンスのために接着せず、取り外し可能な仕様になっています。
プラ版の本体はこの後、彫刻などの細部加工をして完成させます。

←前に戻る 続きを読む→

この模型制作記事に関する ご意見・ご質問等は、
こちらのフォームよりお気軽にお送りください →