油絵 Strawberry Field へを描く (03)

油絵 P15号 Strawberry Fieldへ 制作記

油絵ストロベリー・フィールド

このあたりから使用する筆は大部分、日本画の面相筆のような鋒型です。
一番使っている「インターロン 1026-3/0」という筆は、毛先の部分が5.5ミリくらいの極小サイズで 形状記憶 なのですが、酷使すると1週間くらいで形状記憶喪失(笑)になるので消耗品です。
 ※ 熱めのお湯につけると少し戻るようです。

絵を描いていない時期にこの筆15号 キャンパスを見ていると、気が遠くなり失神しそうになります。

Amazon.co.jp
油絵ストロベリー・フィールド

背景の樹の枝葉から攻めていきます。イギリスをイメージして今回は空にブルーを使っていません。

油絵ストロベリー・フィールド

落ち葉を描くためにいくつかの場所で参考写真を撮ってあります。

油絵ストロベリー・フィールド

地面の落ち葉まで下描き程度の色入れができました。

油絵ストロベリー・フィールド

これは絵には直接関係ありませんが、キャンバスの前に1/24ミニチュア模型を置いて遊んでみます。
Very Strange !

油絵ストロベリー・フィールド

門柱の陰影を描いて、ほぼ全体に下描き程度の色が入りました。この後、各部分のディテールを書き込んでいく作業になります。

←前に戻る 続きを読む→