インディカ・ギャラリー(跡地)と アドラブ

Indica Gallery and ad love

インディカギャラリー1
インディカ・ギャラリー跡地

1966年11月に、ジョンとヨーコが出会った場所として有名なインディカ・ギャラリーの跡地です。インディカが無くなった後、何度も改装されましたが現在もギャラリーとして残っています。
ヨーコの個展(公開前)に訪れたジョンが彼女の作品に感動し、付き合いが始まったということですが、インディカ・ギャラリーにはポールの方が先に通っていたようです。

インディカギャラリー2
スコッチ・オブ・セントジェームスがある場所

インディカ ギャラリーはピカデリーサーカスにも近く、Masons Yardという回廊のような小さな通りにあります。同じ通りの一角には、ポールが1966年に初めてスティービー・ワンダーに会ったスコッチ・オブ・セントジェームズというナイトクラブがあります。
ブライアン・エプスタインやローリング・ストーンズなども常連だった同店は、1980年代に一度閉店しましたが、2013年に再建され現在はステラ・マッカートニーなども訪れているようです。

場所はこちら

アドラブ

アドラブ
ブロードウィック・ストリートにあるビートルズ・ファンには有名な公衆トイレ

1966年はビートルズがライブ活動を中止した夏以降、メンバーがこれまでにない活動を始めた年でした。
映画「How I won the war」の撮影を終えたジョン・レノンは同年11月、BBCのコメディ番組「Not only…But Also」に出演しました。近所にあった有名な「アドリブ」というナイトクラブのパロディ、「アドラブ」店の入口がこの公衆男子トイレで、ジョンはドアマンという設定でした。

ジョン・レノン-アドラブ
Photo:blackcablondon より

場所はこちら

アドリブに通っていたミュージシャン等の多くは、スコッチ・オブ・セントジェームズが開店してからはそちらに流れたようです。

バッキンガム宮殿

バッキンガム宮殿

上記のインディカ・ギャラリーバッキンガム宮殿の近くにあります。こちらは定番観光コースで説明の必要はないと思いますが、ビートルズはここで1965年にエリザベス女王からMBE勲章を授与されました。

バッキンガム宮殿
バッキンガム宮殿の有名な衛兵

バッキンガム宮殿では後にポールとリンゴが、ナイトの称号や名誉勲章を授与されている。

場所はこちら

ビートルズ・リバプール – 目次ページへ

にほんブログ村 音楽ブログ ビートルズへ
にほんブログ村 カテゴリーランキング:ビートルズ