アビイ・ロード・スタジオとポールの家

Abbey Road Studios

アビーロード・スタジオ
EMI アビー・ロード・スタジオ

1962年から1970年にかけて、ビートルズがそのほとんどの曲をレコーディングしたアビイ・ロード・スタジオです。
メンバーと ジョージ・マーティン が初めて会った場所であり、1967年に世界初多元衛星中継テレビ番組「Our world」で「All you need is love」を演奏したのもここです。

アビーロード・スタジオ

Abbey Road Studios (スタジオが複数形)正式にこの名称になったのはビートルズ解散後、70年代になってからでした。以前の名称は EMI Recording Studiosです。

ビートルズ以外の大物では、クリフ・リチャードピンク・フロイドなどのレコーディングが有名ですね。

アビーロード・スタジオ

スタジオ玄関上のネーム・プレートのデザインは何度も変わっています。私が撮影したのは上の2種類ですが、これ以外にもピアノ鍵盤風のロゴとか、いろいろありました。

アビーロード・スタジオ

以前は玄関の 階段 あたりまでは入らせてくれたのですが、最近は駐車場内に入ると注意されるようです。

アビーロード・スタジオ

おなじみの 落書き は、いっぱいになるとスタッフが白く塗り直しますが、何層になっているのか見当もつきません。

アビイ・ロード・スタジオの前にはバス停があります。

139番のバスに乗ってね。地下鉄ならSt.John’s Wood 駅から!

場所はこちら

アビイ・ロード・スタジオと横断歩道を堪能した後は、1960年代のポールの通勤路を歩いてキャバンディッシュ・アベニューに向かいましょう!

ポールの家(Cavendish Avenue)

アビーロード・スタジオ

アビイ・ロードから、グローブ・エンド・ロードとサーカス・ロードを経て Cavendish Avenue に入ります。みんなが記念写真を撮る看板です!

アビーロード・スタジオ

ポールが1965年に購入した3階建ての家です。当時はポールはジェーン・アッシャーの家に間借りしていて、翌1966年に改装を済ませたこの家に引越しました。
他のメンバーがロンドンの郊外に家を買ったのに対して、ポールは仕事場であるスタジオの近くに住んだのですね。ポールは現在ここには住んでいませんが、娘さん達が便利に使っているようです。

1968年7月28日、Mad Day Outと呼ばれる怒濤のフォト・セッションの最後のロケ地になったのがこの家です。

場所はこちら

アビイ・ロード(50周年記念2CDデラックス・エディション)(SHM-CD)
アビイ・ロード(50周年記念2CDデラックス・エディション)(SHM-CD)がロックストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

ビートルズ・ロンドン – 目次ページへ

にほんブログ村 音楽ブログ ビートルズへ
にほんブログ村 カテゴリーランキング:ビートルズ